太陽の光が眩しいテーブルの上で小刻みにピストン!

いやいやーとしながらもがいているのに、その口に男の肉棒を突っ込んでしゃぶってもらいます。うーん、本当に口に含んでいるだけのようにも見えますがイマラにして腰振っているので男は気持ちうよさそうにしています。もう一人の男は女のアソコをジュボジゅボ手を突っ込んでいます。来ていたスーツも着崩れ、もう髪の毛もグチャグチャ。ストッキングもビリビリになってしまっています。そしてハァハァいいながら挿入。男女のアエギ声が重なり合っていや~ん。